ソファベッドは、限られたスペースを上手に利用することができます。

ソファベッドとは、名前のとおり、ベッドの機能も兼ね備えた上質なソファの種類の1つです。普段はソファとして活用し、来客時には来客用の簡易ベッドとしても利用できるのです。また、一人暮らしの場合は、ソファとベッドふたつの機能を利用することもできる優れもの。もちろん、二つの種類の家具を置く場合と比べても、とっても省スペース!もう、ソファベッドで充実生活って感じ!スペースの有効活用にぴったりのアイテムです。ソファベッドの選び方を身に着けましょう。

ソファベッドの種類

■手前に引き出すタイプのソファベッド
この種類のタイプは、比較的ソファを重視したアイテムとなっており、一見ソファにしか見えないアイテムでも、手前に引き出した座面がそのまま寝台となり、ベッドに早代わり。手前に引き出すので、比較的スペースが必要ない種類です。引き出す作業が簡単なものや、すこしコツのいるものもありますので、店頭でしっかりとベッドの形を自分で作れるかどうか確かめて見ましょう。選び方で失敗しない為にもしっかりと確認を!

■横長のソファベッド
この種類のタイプは比較的ベッドを重視したアイテム。そのため、ベッドの選び方で選ぶことが出来るのです。多くの横長ソファベッドは、背もたれ部分がリクライニングになっていて、後ろに倒すことでベッドに早代わりします。折り込む作業が必要ないため、ベッドに使用されているスプリングなどの仕組みが用いられているものも存在しているのです。これら種類の選び方をするのであれば、横長ソファベッドは、引き出すタイプとは違い、広いスペースが必要となります。この点は注意ですね。

ソファベッドのメリットを活かす為にも、スペースとサイズはしっかりと確認しておきましょう。また、搬入時に入らないということもありうるので、しっかりとサイズや種類をチェックしておくと失敗しない選び方になるでしょう。

ソファベッドの注意点

ソファベッドはソファとベッド二つの機能を兼ね備え、スペースの有効活用ができてとても優れた種類のソファです。しかし、ソファベッドの特徴として、その二つの機能を一手に引き受けているわけですから、どうしてもへたれやすくなってしまいます。ソファベッドの選び方で高価な種類のソファベッドを考慮する場合、幾分かは耐えてくれますが、それでも限界と言うものは残念ながら存在します。

ベッドは長時間活用しますし、ソファとしても、時には大人数が座る可能性もありますから、普通のそれぞれを活用する時間よりも当然長くなってしまいます。その点を考慮した種類の選び方が必要になってきます。その分ソファベッドへの負担は大きいものとなり、寿命が縮むのも無理のないことです。

そのため、あまりにも安価な種類のソファベッドを買ってしまうと、その分早く痛んでしまう可能性があるので、なるべく丈夫で耐久性の優れた種類の選び方を行なうようにしましょう。

recommend

オリコンスタイル

http://www.oricon.co.jp/

ダイヤモンド 買取

http://dia-kaitori-1bankan.com/

最終更新日:2014/10/10

Sofa×Bed=Sofabed MENU